大切な子供の思い出を演出

子供を第一に考えて行動

産まれたばかりの赤ちゃんの最初のイベントはお宮参りだと思います。お宮参りは産まれてきたことを神様に報告しその子がすくすくと成長するように祈る行事です。なので格好もきちんとしたいですよね。ですが赤ちゃんなので産着を着させる時には注意も必要です。
まず産まれたばかりの赤ちゃんは自分で上手く体温調節ができません。なので着させる時には外の気温に合わせて工夫をしてあげないといけません。暑い夏にお宮参りする場合は基本は薄着にしておいて、写真をとるだけきちんと産着を着るような形にした方がよいです。これをしないと熱中症や脱水症状になる可能性があるので気を付けないといけません。
逆に寒い冬はきちんと着込ましてください。産着の中にも服を着るようにして寒さを感じないようにしておくといいですね。ですが着込ませすぎて苦しそうにならないように気をつけましょう。これは保護者の方がきちんとしないといけないことなので、親が体温調節を子どもの様子を見てあげてください。
産着というのは産まれてきた赤ちゃんが初めて着るものという意味なので、一生に一度しかありません。しかしそれに浮かれすぎず、子どもたちのことを第一とした行動を親の人はとってください。

お宮参りの産着は写真館でレンタル

赤ちゃんがうまれ、寝る暇もない育児が少し軌道に乗ってきた頃に、お宮参りをされる方は多いと思います。その時に、赤ちゃんの産着を用意するには、スタジオ写真館でのレンタルを利用するのがおすすめです。赤ちゃんの授乳間隔や、オムツ替えの間隔、昼夜の区別のついていないときに、長時間の外出は大変です。せっかく用意した産着も、母乳や排せつ物で汚れてしまう場合もあります。可愛らしい柄の中から豊富に選べ、朝一番に一番調子のいいときに撮影し、その後スタジオ写真館にて授乳やオムツ替えをし、産着をレンタルしたままお宮参りに行きます。赤ちゃんの機嫌や体調によって左右されますが、まず最初に産着での写真撮影を最高の笑顔のときに撮影しておくことで、後のお宮参りや食事会の調整をしていきます。七五三であれば、前撮りや後撮りができますが、お宮参りは時期が限られているので、無理のない計画を立てることが大切です。実家で大事に保管されていた産着を利用するのであれば、手入れや着付けも必要ですが、レンタルのものであれば、最新の可愛らしい柄で、気にいるものが選べます。お母さんが和装するのであれば、授乳出来なくなるので、ミルクに慣らす練習も必要です。万全の準備をし、悔いのないお宮参りにしてみてください。

新着記事リスト

2017.11.20
大切な子供の思い出を演出を更新。
2017.11.20
レンタルならではの魅力を更新。
2017.11.20
子供のイベント服を更新。
2017.11.20
あなどれない今どきのレンタル産着を更新。