産着の今昔事情

お得な「貸産着」

お宮参りで赤ちゃんに着させる服装は大きく分けて次の2つになります。昔から正装として着られていた着物である産着と白いケープやおくるみのベビードレスです。どちらでも好みの方を選択でき「お宮参りにはこれを赤ちゃんに着させないといけない」といった決まりごとはありませんが、産着を選択する家庭が多いです。そんな産着ですが、高いし着る機会もそんなにないと悩んでいる場合はレンタルを考えてみてはいかがでしょうか。
レンタルの場合は、上質な高い産着を低価格で赤ちゃんに着させてあげることができる他、赤ちゃんが誕生したら、様々な物を買わなくてはいけませんが、そんな中でお宮参りにかかる費用を抑えることができます。そして、申し込みは簡単に自宅で行うことができます。スマホやパソコンから暇な時間に申し込むことができ、デザインも様々あるので、お気に入りのデザインの産着を選ぶことができます。
もし、レンタル中に汚してしまっても、ひどく汚さない限りはクリーニング料金はかかりません。店舗により差はありますが、安いお店だと1万円以下、高いとしても2万円くらいでお得に借りることができます。クリーニングや保管の心配もしなくて良いので、産着のレンタルも選択肢の1つに付け加えてみてはいかがでしょうか。

産着についての説明と言い伝え

産着とは簡単に説明すると生まれてすぐの乳児に着せる衣服のことを指す言葉です。なので現在では普通に赤ん坊の洋服のことを産着という場合もありますが、お宮参りのことを産土参りとも呼び安産を神様に感謝を伝える為と赤ん坊の健やかな成長を願い氏神様にお参りする時の着物を指す場合とがあります。
つまり宮参りの際に赤ん坊に着せる晴れ着のことも産着と言います。他にも以前は母親の両親より贈られた紋服のことを産着と呼んだとも言われています。ちなみに早くから和装を着せると怒り肩になるといった言い伝えから生後3日間は着物と名のつくモノは赤ん坊には着せてはいけないといった古いならわしがある地域もあります。最も今は生まれたばかりの赤ん坊や小さな子供の着物を着せるといった家庭はほぼないと言えるのでそんな心配は無用な時代になったと言えます。
そんな産着は昔は魔除けの為に麻の葉模様の布を使用して作られていましたが、現在では着心地重視で季節によりガーゼ、ネルなどを使用して作られた産着が一般的です。またお宮参りに着る産着に関してはレンタルをすることが出来るので、ほとんどの場合が一度しか着る機会がないのでレンタルをすることをお勧めします。

大切な日だからこそ、1番キレイなあなたで迎えられるように、素敵な着物があなたの魅力をより輝かせます。 当社では、デザインに優れた上質な着物を全国へ向けてレンタルしており、様々なサイズの着物を豊富に取り揃えています。 当社では、着物を非常に豊富に取り揃えており、様々なシーンに合った着物をレンタルすることができるのが強みとなっています。 産着を事前に用意しておく万全さ

新着記事リスト

2017.11.20
大切な子供の思い出を演出を更新。
2017.11.20
レンタルならではの魅力を更新。
2017.11.20
子供のイベント服を更新。
2017.11.20
あなどれない今どきのレンタル産着を更新。